寺田親弘

Sansan株式会社 代表取締役社長
寺田親弘
Sansanの経営は私にとっての主戦場です。しかし自分が持つリソースを使って「Sansanとは違う社会貢献ができないか」とずっと考えていました。Sansanでの採用活動で優秀な高専生が数多くいることを知りましたし、中学卒業時点で専門技術を5年かけて究めるという彼らの覚悟には目を見張りました。高度成長期のものづくりを支えた高専をアップデートできれば、今まで以上の学びの場になると感じています。「神山まるごと高専」では、従来の高専のようにテクノロジーの理解や習得に力を注ぐ一方、アートやデザイン、マインドフルネスなどもカリキュラムに加える予定です。しかし、大事なのはこれらの学びを目的にするのではなく、刀のように自分の武器として扱い、どのような環境でも自由に駆け回り、生き抜いていくこと。「神山まるごと高専」の設立は、順調なら2023年、最初の卒業生が生まれるのは2028年です。変化が激しくなる時流のなかで「2028年にはどんな社会課題が生まれているか」を正確に予測するのは難しいもの。だからこそ、どんな時代であっても自ら課題を考え、決断し、動ける「野武士型パイオニア」を輩出することが大きな意義になると信じています。

大南信也

認定特定非営利活動法人
グリーンバレー理事
大南信也
神山町には日本全国どころか世界中から集まってきたクリエイターが数多くいます。最先端のITやAIなどの特殊なスキルを持つ人たちばかり。学生たちにとってこんなに贅沢な学びの場はないわけです。さらに校舎と町の間には境界がなく、町のサテライトオフィスにいる現役クリエイターが学校まできて講義する日もあれば、学生自らオフィスに足を運んで何かを吸収する日もある。それが「神山まるごと高専」なんです。現代社会は仕事の形が大きく変わりつつあり、その流れは今後さらに加速し、今ある職業も多くは無くなってしまうはず。かつては新卒でどこかの会社に入り、定年まで勤め上げる人生が当たり前でしたが、これからの子どもたちはむしろ自分たちで新しい仕事を創造しなければいけません。この高専は神山町だけでなく、全国各地の既存の教育機関にも大きなインパクトを与えるのではと、日本中から期待されています。冒険心豊富な学びを実現する神山まるごと高専そのものが、教育界に変化を生み出す存在として、これまでにない選択肢を提供できると考えています。

国見昭仁

株式会社電通
エグゼクティブ・クリエイティブ
・ディレクター
国見昭仁
教育は自分の人生をどうより良いものにするかまでは教えてくれません。だからこそ自分自身が目指す「北極星」がどの方角にあるのかを何度も探し、試行錯誤する経験が必要だとずっと考えていました。教育界でよく用いられる「Head(知識)」「Hand(技術)」「Heart(意志、こころ)」という3要素がありますが、どの知識や技術を習得すべきかを判断するのは自分自身。つまり自分の意志「My Heart」こそが大事だと考えています。さらに私たちはここに「Foot」という要素も加えました。「神山まるごと高専」の学生の方々には、神山を歩き回り、多くの人と語り、たくさんのことを感じてほしい。自分の想いを人に話し、相手の表情から感じたことを振り返り、また自分の想いを高めてほしい。学校の文化として意志を大切にする仕組みも取り入れたいと考えています。例えば、たき火。火を囲んでいると、なぜか普段話せないことを口にできる気がしませんか。自分の夢を語り、人に否定され、人に共感され、喜び、涙する。そんな体験に満ちた5年間にしたいですね。