カリキュラムディレクターに PARTY創業者 / 京都芸術大学教授の伊藤直樹が就任 〜ものづくりの力で、社会に変化を起こせる人材を育成〜

神山まるごと高専設立準備財団は、神山まるごと高専のカリキュラムディレクターに、クリエイティブ集団PARTY代表 / 京都芸術大学教授の伊藤直樹(いとう なおき)が就任することを発表します。

今回伊藤は、準備財団の掲げる「テクノロジー×デザインで、人間の未来を変える学校」を実現するべく、デザインやテクノロジー教育を掛け合わせた「モノをつくる力」と、起業家教育を中心とした「社会と関わる力」の育成を軸にカリキュラム構想「神山サークル」を作りました。

15歳から20歳までの学生が、集中してこのカリキュラムに取り組むことにより、これらかの社会で活躍する「モノをつくる力で、コトを起こす人」を育成することを目指します。

詳細はこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000049229.html

■報道関係のお問い合わせ先
神山まるごと高専 設立準備委員会 広報担当(小池)
Mail: pr@kamiyama-marugoto.com